星取県民から地球へのメッセージを「いぶき2号」に載せて宇宙へ―

鳥取県(星取県)では、全県民が環境問題について考え、行動していくためのファーストアクションとして、エコ宣言を募集しています。
このたび、JAXA(宇宙航空研究開発機構)にご協力いただき、5月31日までに星取県のみなさまからいただいたエコ宣言を人工衛星「いぶき2号」に搭載していただけることになりました。
「いぶき2号」運用期間中、皆さんの宣言の実行を宇宙から見守ります!
さらに、「エコ宣言を宇宙に飛ばそうキャンペーン」期間中(3月19日〜5月31日)、みんなのエコ宣言プロジェクトにご応募いただいた方の中から抽選で、素敵なプレゼントが当たります!
※ただし、Eメールまたは電話番号の記載がない場合、抽選の対象外とさせていただきます。

プレゼントその1 人工衛星開発現場にご招待!(3組)

抽選で3組(1組3名まで)を、「いぶき2号」の開発現場にご招待!


人工衛星開発現場の様子
一般のかたが入ることのできないエリアに特別に入っていただき、開発中の本物の人工衛星を間近にご覧いただきます。
※開発現場となる茨城県つくば市までの交通費は県が支給します。
※開発現場への入場は小学生以上とさせていただきます。
※実施は2018年夏頃を予定していますが、都合により変更する場合もあります。

プレゼントその2 いぶき2号ピンバッジ(100名)

みんなでいぶき2号を応援しよう!
詳しくはこちら

http://www.satnavi.jaxa.jp/project/gosat2/

エコ宣言の応募はこちら