大阪ニュース

飼い主目線のお出掛け情報 大阪の愛犬家がサイト

2019年10月9日

 ペットブームの昨今、愛犬と楽しめる外出先の情報について、施設側などの発信を見るだけではなく、飼い主側の体験を集約し、多角的に紹介する試みが繰り広げられている。大阪市中央区の愛犬家の個人事業主が、インターネットサイト「おでかけわんこ部」を開設。プロカメラマンによる無料撮影会も企画しながらコミュニティーの活性化を図っている。

飼い主目線の外出情報を集約しているサイト=大阪市中央区

 愛犬家の田合恵子さんは、犬と行けるカフェや宿泊施設をネット検索すると、情報量は多いものの、サイト運営側の一方的な内容で画像がなかったり、施設公式サイトの画像だけだったりと、実際の良さが十分に伝わってこないと実感。

 そこで、もっと臨場感のある画像や体験談、ネットでまだ紹介されていない情報が見つけられる場をつくろうとサイトを開設した。

 写真共有アプリ「インスタグラム」も活用しており、魅力的な写真を見掛けると、投稿者に呼び掛けるなどして、「おでかけわんこ部」に対する協力の輪を広げている。

 9月にはプロカメラマンによる無料撮影会を、同市西区の靱(うつぼ)公園で実施。定員を超える応募があるなど好評を博した。10月にもハロウィーンや年賀状向けの撮影会を開く予定で、13日まで参加者をサイトで募集している。

 田合さんは「ワンちゃんの寿命は人より短い。限られた時間をもっと豊かに共有できるようになれば」と思いを込めている。


サイト内検索