大阪ニュース

2月1日小児がん患者支援の集い 阿倍野区民センター

2020年1月10日

 小児がん患者に対する支援の輪を広げよう―と「小児がんの子供たちのために」と題した集いが2月1日、大阪市阿倍野区民センター小ホールで開かれる。午後2時開会。

栄田慶子さん

 ライオンズクラブ335―B地区(大阪府・和歌山県)が主催。小児がんを取り巻く環境や患者家族の実態を知り、一市民として何ができるか考えようと企画した。

 関西骨髄バンク推進協会の説明員で、歌や落語でドナー(骨髄提供者)登録を呼び掛けている栄田慶子さん=守口市在住=が体験談を話す。栄田さんの長女(高校3年)は再生不良性貧血と診断され、弟の骨髄提供で健康を取り戻しつつある。明るく家族を支える“生の声”を伝える。

 続いて淀川キリスト教病院副院長で小児科部長の鍋谷まこと医師、大阪大助教の宮村能子医師(小児科)が、小児がんにおける心理支援と緩和ケアなどについて講演する。

 入場無料。問い合わせは電話電話06(6678)3800。大阪帝塚山ライオンズクラブ。


サイト内検索