大阪ニュース

イヌやネコ生き生きと 木彫り彫刻作家の作品展

2020年2月8日

 動物をモチーフにした木彫り彫刻家・はしもと みおさんの作品展が7日、貴金属ジュエリーの老舗ギンザタナカ心斎橋店(大阪市中央区、中村明生店長)で始まった。まるで生きているような力作の数々が並び、多くの来店客を迎えている。24日まで。入場無料。

本物と見間違うような彫刻作品の数々=7日、大阪市中央区のギンザタナカ心斎橋店

 純金で動植物をかたどったギンザタナカの人気商品「純金オブジェコレクション」のうち、はしもとさんが動物をテーマにしたシリーズの原型を手掛けていることが縁で、東京の銀座本店に続いて大阪でも開かれた。

 会場の4階ホールには実物大のイヌ、ネコ、ヒツジ、カメのほか、絵画やオーナメントの作品をずらり紹介。初披露となるザトウクジラのミニ彫刻も並ぶなど、訪れた人々の目を楽しませている。

 純金オブジェコレクションのイヌやネコも展示されており、同社広報では「作品展をきっかけにより多くのお客さまにお越しいただき、純金製品について知ってもらえたら」と来場を呼び掛けている。

 午前10時半〜午後7時。


サイト内検索