大阪ニュース

アプリで堺観光案内 NMB48が名所を紹介

2020年3月22日

 南海電鉄と毎日放送ラジオ番組によるコラボレーションで、女性アイドルが堺市の観光案内をしてくれる音声プログラムが21日、市内で始まった。スマートフォンの専用アプリを用い、観光スポットに差し掛かるとアイドルグループNMB48メンバーの音声ガイドが流れる。6月21日まで。

各スポットに立ち寄ると、NMB48人気メンバーの音声ガイドをスマートフォンで聞くことができる=21日、堺市堺区の開口神社

 番組は、深夜枠で放送中の「NMB48のTEPPENラジオ」。世界遺産登録された百舌鳥古墳群への誘客を進めようと企画したもので、設定された市内10カ所に立ち寄ると、パーソナリティーを務める吉田朱里さん(23)と山本彩加さん(17)が掛け合う6〜7分程度のトークがエリア限定で聞ける仕組みだ。

 歌人、与謝野晶子が幼少期に慣れ親しんだとされる開口(あぐち)神社では、晶子が詠んだ歌をモチーフにした恋占いを紹介。音声では「絶対『かいこう』神社って読んじゃうよね」など二人の掛け合いが楽しめる。

 他にも、仁徳天皇陵古墳(拝所)や旧堺灯台などの名勝や独自の文化を紹介しており、各所で発表されるキーワードを並べると2人のサイン入りグッズが当たる特典もある。

 専用アプリは「Radiotalk」で、無料ダウンロードできる。


サイト内検索