大阪ニュース

運転免許証延長 郵送手続きOK 大阪府、7日から

2020年4月4日

 大阪府の吉村洋文知事は3日、新型コロナウイルスに感染などがある場合に運転免許証の有効期間を延長する国の措置に関連し、府独自の対応として対象者が門真運転免許試験場に書類を郵送すれば、延長の手続きが済むようにすると発表した。7日から開始する。全国初の取り組みという。

新型コロナウイルス感染拡大防止について説明する吉村洋文知事=3日、府庁

 府警によると、運転免許証の有効期間が3月13日〜4月末の対象者は更新期限後であっても3カ月間は運転が認められる。ただし更新期限の前に、門真や光明池の運転免許試験場か警察署の窓口に出向き、延長手続きをする必要がある。

 手続きの際に窓口に人が集まれば、感染リスクが生じることから、郵送でも受け付ける方式に切り替えることにした。

 吉村知事は「更新延長のためには、試験場や警察署に出向かないといけないが、結局一緒のことではないかと府警と協議してきた」と話した。

 また、吉村知事は今週末の不要不急の外出自粛も府民に呼び掛け、「感染源不明の人が増え、市中の感染が一定拡大しつつあるという危機感を持っている。抑え込むためには府民の理解が必要だ」と強調した。


サイト内検索