大阪ニュース

アプリが「座席譲り合い」アシスト 南海電鉄

2020年7月12日

 南海電鉄が配信しているスマートフォン向けアプリケーション「南海アプリ」に、電車内で座席を必要としている人と、座席を譲る人をつなぐ機能「席ゆずりあいアシスト」が加わった。端末の画面を見せ合うことで、会話をしなくても意思疎通が可能になる。

「席ゆずりあいアシスト」機能の画面(南海電鉄提供)

 座りたい乗客は、高齢者▽障害がある▽妊娠している▽乳幼児を連れている−などの属性から、自分が当てはまるものを選択して、アプリ上で通知を発信する。

 席を譲ってもよい人が応じることで、お互いの端末の画面に同じイラストが表示され、画面を見せ合って意思を確認する。


サイト内検索