大阪ニュース

好みの味付け体験も 「ベビースター」テーマパーク

2020年10月30日

 ベビースターラーメンなどのテーマパーク「リトルおやつタウンNamba」が31日、大阪市浪速区のなんばパークスで開園する。29日には内覧会が行われ、オリジナルラーメン作りの体験が楽しめるブースなどが公開された。

マラカスを使ったベビースターラーメンの味付け体験をするDJ KOOさん=29日、大阪市浪速区のなんばパークス

 製造会社のおやつタウン(三重県)が昨年、自社工場に隣接した敷地内にテーマパークを建設し、今回、関西で都市型テーマパークとして同社で初めて出展した。好みの味のベビースターラーメンが作れるブースやゲームコーナーなどを設置、スイーツビュッフェもある。

 内覧会には、タレントのDJ KOOさんらも訪れ、ベビースターラーメンの味付け体験やビュッフェの料理に興じた。同社の松田好旦社長は「おやつは人を和ませる。新型コロナウイルスの影響で開園が遅れたが、多くの人に楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 開園初年度は60万人の入場者を見込み、3年後には海外からの観光客も含め、80万人を目標にしている。大阪観光局の溝畑宏理事長は「3年後と言わず、来年にもインバウンドは復活する。日本のおやつ、お菓子は海外人気が高い。観光の新たなパワースポットになる」と期待を寄せた。


サイト内検索