大阪ニュース

「唇が感動」に新商品 熊本産竹材利用の箸

2021年5月10日

 がん経験者がデザインしたスプーン、フォークなどを手がける猫舌堂(大阪市北区)が、同社の展開する「唇が感動するシリーズ」として、熊本産の竹材を利用した箸を新発売した。長さや太さなどを、口腔(こうくう)内がデリケートな人でも使いやすいサイズに調整。柴田敦巨社長は「一般の人にもより快適に食事ができる。幅広い層に使ってほしい」と呼び掛ける。

口腔内がデリケートな人用に、長さや太さなどを対応した「iisazyお箸」

 同社は2019年から、口に関して問題を抱えている患者用のカトラリー(食卓用刃物)を製造、販売している。販売当初から「お箸はないか」というユーザーの声があり、次の商品として常に候補に挙がっていた。

 20年末から開発を開始。熊本県で竹材を材料に箸を製造、販売しているヤマチクと共同で企画し「iisazy(イイサジー)お箸」(税込み1490円)として販売開始に至った。

 素材は同県内で生産される国産品。口が開きにくい人に向けて、箸先は細めのサイズで、手元は念入りに研磨し、快適な手触りを実現している。長さは男女とも使用しやすいよう「長すぎず、短すぎない」(柴田社長)という22センチにしている。

 同時にスプーン、フォークなどと一緒に持ち運べる布製ケース(同2960円)も販売。柴田社長は「唇が感動するシリーズとして商品を展開している。身近な人へのギフトにも使ってもらえれば」と話している。問い合わせは同社ホームページ。


サイト内検索