大阪ニュース

学びやは西洋の城 大阪芸大の新学科棟 完成

2021年11月30日

 学びやは城−。大阪芸術大(河南町)は芸術学部キャラクター造形学科の専用学科棟として西洋風の城を完工した。自然に囲まれたキャンパスに突如現れた非現実的な空間で、アニメやゲーム業界を志す学生の夢を後押しする。

西洋の城を参考にしたキャラクター造形学科の専用棟

 ドイツのノイシュバンシュタイン城などを参考にした城は地上4階、延べ床面積は約4524平方メートル。1階は吹き抜けのホールで両側に教室があり、リゾート風の3階テラスからは周囲を一望できる。

 18日に完成式典が行われ、漫画家の里中満智子学科長は「個性豊かな大阪芸大の歴史に連なる建物。個性的な校舎で学生たちの豊かな感性が伸び伸びと育つように祈っています」と期待を寄せた。

 キャラクター造形学科は「漫画」「アニメ」「ゲーム」「フィギュアアーツ」の4コースで2005年に設置。同大の15学科のうち唯一、専用学科棟がなかった。

 本格的な運用は来年度から。ドローン撮影や模写、プロジェクションマッピングなど他学科が横断的に活用する。


サイト内検索