霜越春樹の大阪 MODEL COLLECTION

山本 マリナ(CENTRAL JAPAN ENTERTAINMENT)

2020年11月28日

堪能な英語を強みに

(C)SHIMOKOSHI HARUKI/PRESSSEVEN

 目に見えない力に呼び止められるような美しさが際立つ。

 14歳の時にショッピングモールで「デザイナーのお姉さん」にスカウトされた。「来週に迫ったファッションショーに空きが出て、それに出てほしい」と。すぐさま「出たい」と、現役モデルの母親にウオーキングを学んだ。

 高校3年間は海外に留学し、現地でもモデルとして活動。大学進学を機に帰国して事務所に所属し、「国や場所は関係ない」と堪能な英語、ロシア語を強みに世界を視野に入れて活動を続ける。

 幼稚園の卒園アルバムに将来はモデルかペットショップの店員になりたいと書いていたという。まさしく有言実行。ネットショップ「マリナの森」を開き、育てていたメダカの販売も始めた。

 「モデルはごみ袋をかぶってもそれをきれいに見せる事ができるマネキン」。母親から受け継いだこの言葉を胸に置く。卒業後は上京する予定で、「できる事をやっていきたい。テレビでも活躍したい」

 (ヘアメーク 大森未来)

 【プロフィル】やまもと・まりな T168 B82 W58 H86 大阪府出身。ロシア人と日本人のハーフ。ショー、スチール、動画、ウェブCM、インフルエンサーとしても活躍中。


サイト内検索