トップ趣旨詳細アクセス協賛企業・団体の募集Info天神祭の歴史
天神祭トピックス お迎え人形スタンプラリー 祭りに花を添える女性たち
歴史でひもとく天神祭 〜伝統と変革のせめぎ合い〜

天神祭の歴史

 天神祭の始まりは951(天暦5)年。天満宮御鎮座の翌々年、菅原道真公が社頭の浜から神鉾を流し、流れついた浜に斎場を設けて「みそぎ」を行った。

 そのときに、神宮の周りに住む人々や崇敬者が船を仕立ててお迎えしたのが始まりとされ、それから千五十余年の歴史を誇る。以来、船の数も増え、豊臣秀吉が大坂城を築いたころには船渡御(とぎょ)の形が整っていった。堂島川への土砂流入で船渡御が中止になったこともあるが、江戸時代の元禄期(17世紀後半)以降、天神祭は浪速の繁栄のシンボルとして隆盛を極めた。

 享保年間(18世紀前半)には祭りを支える組織「講」が誕生。新たにお迎え人形が登場したこともあり、祭りの豪華さは全国に名をはせた。

 幕末の政変や2度の世界大戦などで中断があったものの、1949年に船渡御が復活。53年からは、地盤沈下の影響で大川をさかのぼってゆく現在の形になった。

 幾多の変遷があり、存続が危ぶまれた時期もあったが、そのたびに浪速人たちが、困難を打開して伝統を守り、祭を盛り上げていった。天神祭は今も、そうした人々の熱いエネルギーに支えられて発展している。


トップへ