鬼太郎カップ境港駅伝中止

 境港市営竜ケ山陸上競技場を発着点とする第20回鬼太郎カップ境港駅伝競走大会(鳥取陸上競技協会、境港市、新日本海新聞社主催)の実行委員会が11日、米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社で開かれ、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から大会の中止を決めた。今後は代替イベントの開催に向けて協議を進める。

 実行委には境港市や鳥取陸協などの関係者13人が出席し、日本陸連の競技運営ガイダンスに基づき感染防止策について意見交換。選手や観客の安全確保は困難と判断した上で、今大会は中止して来年を20回大会とする▽併催の鳥取県小学生クロスカントリーリレー大会とともに代替イベントの開催を検討する−の2点を申し合わせた。

 鳥取陸協の山口隆之副会長は「境港市に来る選手と応援する地域の皆さんが心配を抱えた中での開催は、お互いに喜んでもらえない」と話した。

 第20回の節目となる大会は、日本陸連公認サカイマリンマラソンコースで10月18日に開催予定だった。

本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。
すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。

トップページへもどる