2019年09月22日

1部売り価格改定のお願い
10月1日から、10円上げ120円に


月ぎめ2260円は据え置き


 新日本海新聞社は10月1日から、コンビニエンスストアや駅売店、日本海新聞取扱店の店頭などで販売する日本海新聞の1部売り定価を10円値上げし、現在の110円から120円に改定いたします。月ぎめの定価2260円は据え置きます。いずれも消費税込みです。



 本社は近年、カラーページの増加や電子アプリの導入などサービスの充実を図る一方、さまざまな合理化や経費節減に努めてまいりましたが、流通経費や新聞制作費が年々増加し、やむなく改定することになりました。

 読者の皆さまにご負担をおかけすることになりますが、事情をご理解いただき、引き続き日本海新聞をご愛読いただきますようよろしくお願い申し上げます。