11月29日(日)まで 鳥取市歴史博物館やまびこ館

とっとりのお宝おひろめ

 鳥取県指定文化財を紹介する「とっとりのお宝おひろめ」(県主催)が鳥取市上町の市歴史博物館やまびこ館で開かれている。戦国時代の伯耆国を代表する有力領主家・南条氏の動向を示す文書や県指定無形文化財保持者で染織の吉田公之介さんの作品など2019年度指定を含む約60点が展示されている。11月29日まで。

11月25日(水)から ギャラリーそら/スペース空

因州和紙とスペインとの現代版画交流20周年記念展

 因州和紙を使用した版画を一堂に展示した「因州和紙とスペインとの現代版画交流20周年記念展」(日置地区まちづくり協議会主催、鳥取県ほか共催)が、鳥取市栄町のギャラリーそらで開かれている。スペイン・バルセロナのリョッチャ美術学校の学生らが、同市青谷町産の因州手すき和紙を使って制作した版画約50点が並び、日欧の感性の融合が堪能できる。29日まで。

11月1日(日)まで 鳥取市文化センター

エコアイデアコンテスト2020 東部地区入賞作品展

 小学生を対象にしたとっとりグリーンウェイブ「エコアイデアコンテスト2020」(鳥取県、新日本海新聞社主催、鳥取県東部広域行政管理組合共催、鳥取銀行特別協賛)の東部地区入賞作品展が24日、鳥取市吉方温泉3丁目の市文化センターで始まった。11月1日まで。

11月9日(月)まで ラブリーガーデン

「ラブリーガーデン」13周年記念フェア

 バラと宿根草と園芸雑貨の店「ラブリーガーデン」(米子市両三柳)は11月9日まで、13周年記念フェアを開催している。火曜日定休。

きょうから ギャラリーたくみ

山根窯・石原幸二作陶展

 30日〜11月9日、ギャラリーたくみ(鳥取市栄町)。

11月1日(日)まで 倉吉博物館

「倉吉の水害−明治26年と昭和9年の記録−」展示

 この時期、心配なニュースの一つが台風です。近年は異常ともいえる気象状況から、台風に起因しない豪雨なども多く発生していますが、今年はコロナ禍と重なり、災害への備えが一層重要となっています。

11月23日(月)まで あおや郷土館

企画展「因州・鳥取の角力取」

 江戸時代から昭和前期にかけて活躍した鳥取県出身の力士を紹介する企画展「因州・鳥取の角力取(すもうとり)」が、鳥取市青谷町青谷のあおや郷土館で開かれている。力士が身に着けていた化粧まわし、錦絵や番付など約300点が展示され、地元出身力士や相撲の歴史を伝えている。11月23日まで。


エリアを選ぶ

ジャンルを選ぶ

聴く

お役立ちリンク
米子空港 | 鳥取空港 | JRおでかけネット | 日本交通株式会社 | 麒麟獅子ループバス | 鳥取市100円循環バス「くる梨」 | 米子市循回バス「だんだんバス、どんぐりコロコロ」
2020.10
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
2020.11
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30