vol132
ごみの減量化に向けて
 日本のごみ焼却場数と環境汚染をもたらすダイオキシンの排出量は、だんとつの世界第1位、地球温暖化の原因といわれる二酸化炭素(CO2)の排出量は同5位だ。国土面積の狭さから焼却処理が主流であるためだが、ごみを減らすことはさまざまな方法で改善可能だ。リフューズ(断る)、リデュース(減らす)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)の4Rを中心に、鳥取県内の環境負荷軽減と資源有効活用への取り組みを紹介する。
2019/12/26
無題ドキュメント
sponsor
建販HPへ
とっとり出合いの森
中国電力HPへ
鳥取ガスHPへ
JTのHPへ

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)