連載・特集

にちにち動物百科


 動物園はワンダーランド。ライオン、キリン、チンパンジー…。大阪市天王寺区にある天王寺動物園は、都会の真ん中でありながら、非日常の世界が広がります。のんびりさんだったり、怒りんぼうだったり。私たちがそうであるように、動物たちも見ているだけでは分からない愛くるしい一面があります。飼育員だから知っている動物たちの性格や食事、クスリと笑えるエピソードも交えて紹介します。

☆10 フラミンゴ

 2019年第1回の「にちにち動物百科」は、薄紅色が美しいフラミンゴ。しなやかな長い首と細い脚を持つ大型の水鳥です。野生では何万羽という群れで行動し、飛来した空をピンクに染める様子...
2019年1月17日

☆8 ウォンバット

 ウォンバットはオーストラリアに生息する草食動物。平らな鼻と離れた小さな目、ずんぐりした体を揺らしながら歩く姿は、「ぶさかわ(不細工なのにかわいい!)」「脱力系」とも表現されます。...
2018年11月8日

☆7 アメリカビ−バー

 吹田市の千里万博公園EXPOCITYにある生き物ミュージアム「ニフレル」で、アメリカビーバーの家族が暮らしています。6月に待望の“三つ子”が誕生し、水中を元気いっぱい泳ぎ回ってい...
2018年10月11日

☆9 ジンベイザメ

 世界最大の魚類ジンベエザメが大阪市港区の海遊館で暮らしています。サメというと「人食いザメ」や「凶暴な魚」というイメージを持つ人もいますが、ジンベエザメは小型のプランクトンを食べ、...
2018年12月13日

☆6 レッサーパンダ

 ふさふさの毛につぶらな瞳。レッサーパンダは、その愛くるしい姿で動物園のアイドル的な存在です。天王寺動物園(大阪市天王寺区)には3頭が暮らしていますが、やっぱりかわいい。カメラマン...
2018年9月13日

☆5 チンパンジー

 人間に最も近いとされる動物「チンパンジー」。見た目だけでなく、知能が高いことでも知られています。例えば、絵を描いたり、言葉を理解したり、テレビに出て芸能人と共演したり。でも、彼ら...
2018年8月9日

☆4 ホッキョクグマ

 暑さが厳しい季節になりましたが、天王寺動物園(大阪市天王寺区)には寒い地域で暮らす動物も少なくありません。そんな炎天下の中で“ザッブーン”と水に飛び込み、無邪気に遊んでいるのがホ...
2018年7月12日

☆3 爬虫類生態館「アイファー」

 しとしと、じめじめ、むしむし…。梅雨になりました。スッキリしない天気に、なんだか心までどんよりしていませんか? こんな日は、雨も風も暑ささえも関係なしの、あの施設に行きましょう。...
2018年6月14日

☆2 サイ

 1トンを超える大きな体を揺らしながら、ステップは馬のように軽やか。指の数が3本でひづめがあり、シロサイ、インドサイなど世界には5種がいます。天王寺動物園(大阪市天王寺区)にはクロ...
2018年5月10日

サイト内検索