2017年2月16日

除雪費や道路4車線化要望 石井国交相と平井知事面談

 鳥取県の平井伸治知事は15日、国土交通省で石井啓一国交相と面談し、1~2月の大雪被害に関連して除雪費の追加配分、国と県の連携強化、米子道や鳥取道、山陰道の4車線化を求めた。

 県は、2月補正予算案で約11億1千万円を追加計上し本年度の除雪費が計16億7千万円に膨れあがり、財政を圧迫している。平井知事は、財政支援を踏まえた上で、片側1車線の高速道では車の立ち往生で除雪作業がはかどらず、長時間にわたる交通障害を引き起こしたことを指摘。「こうした事態を繰り返さないよう十分に検討してほしい」と訴えた。

 石井氏は「大雪の対応を十分検証し、今後の対策に生かしたい」と述べた。(岡野耕次)