2017年2月17日

快適にマラソンを楽しむ アイテム選びが重要

 健康志向の高まりと手軽に取り組めることから人気を集めるマラソン。市民大会も各地で盛り上がりを見せており、3月12日号砲の「鳥取マラソン2017」にも過去最多の4084人がエントリーした。県内のスポーツ店には多彩な関連グッズが並ぶが、快適に走るためには、疲労軽減や体のサポート効果のあるアイテム選びが重要になる。

 スポーツ用品販売店のスポーツデポ鳥取店(鳥取市晩稲)は専門コーナーを充実させ、初心者から上級者までランナーをトータルコーディネートする。

 「自分のレベルにあったシューズ選びが大切」と売り場担当者。初心者にはクッション性重視、タイムを狙うなら軽量で反発性が強いシューズを勧める。また、足のサポート効果の高いインソールを入れれば負担軽減につながる。

 ウエアは柄物が人気を集めているという。速乾性などに優れ、ファッション性も高い春物が続々入荷。通気性が高いインナーなど種類も豊富で、筋肉や関節をサポートするランニングタイツを組み合わせれば、けが予防にもなる。

 同店は2月25、26日午前10時からミズノの「ランニングシューズ・タイツフィッティング相談会」を開く。足の形状や足圧などをコンピューターで正確に分析し、専門スタッフがベストシューズを提案する。予約者にはプレゼントがある。問い合わせは電話0857(32)1630。(薮田勝)

関連特集