2017年9月18日

今季2度目の4連敗 ガイナーレ、福島に0-2

 明治安田J3第23節第2日(17日・とうほうみんなのスタジアムほか=4試合)ガイナーレ鳥取は福島に0-2で負け、今季2度目の4連敗で完封負けは5度目。通算4勝6分け12敗の勝ち点18、暫定15位に後退した。次節は24日午後1時から藤枝ととりぎんバードスタジアムで戦う。

 沼津が富山を2-0で下し、勝ち点45で首位に立った。秋田はYS横浜に1-2で敗れ、同44から伸ばせず2位に後退した。

 ▼福島2-0鳥取

 【評】ガイナーレは右SBに山道、ボランチに広田に変えて挑んだ。井上黎、沼が相手守備の裏を突くボールを加藤に送ったが阻まれた。前半18分、稲森がサイドチェンジのパスを奪われ先制点を許すと、42分には右サイドからのクロスで2点目を失った。

 後半、右サイドハーフに沼を移し、ツートップの一角に入った岩元がシュート、前線でのためで好機をつくった。37分には守備の人数を1人減らして前田を投入。ゴールを狙ったが、無得点で終わった。

前半の消極的プレーが響く

 森岡隆三監督の話 試合前、前半を乗り切ることが鍵と話していたが、消極的なプレーで2失点し、勝負が決まってしまった。後半は中盤からしっかりボールを動かして良い戦い方をしていた。前半からそのパフォーマンスを引き出せるように指導できればと悔しく思う。

関連特集