2017年9月30日

大山の緑 次世代へ残す 恒例の保全活動、50人参加

 国立公園・大山(1729メートル)の山頂周辺で29日、「大山の頂上を保護する会」(会長・竹口大紀大山町長)のメンバーらが山肌にこもをかぶせたり、植物の苗を植えたりする保全作業を行った。登山者に踏み荒らされて一度は植生が姿を消し、

会員登録すると続きをお読みいただけます。