2017年11月8日

米子で氷温研究全国大会 コンビニの最新事例など発表

 鳥取県発祥の氷温技術の研究成果や実用化の事例などを発表する「氷温フェスタ2017 氷温研究全国大会」(氷温協会、氷温学会共催)が15日午後1時半から、鳥取県の米子コンベンションセンターで開かれる。

 コンビニ大手が始めた氷温熟成豚肉の全国展開や、氷温機能を前面に出した家庭用冷蔵庫などの最新事例が発表される。特別講演では「氷温熟成珈琲(コーヒー)」を全国展開するキーコーヒーの川股一雄専務が講師を務める。

 参加費は学生無料。一般は会員3千円、非会員5千円。問い合わせは電話0859(28)5000、氷温協会・氷温学会事務局。