2017年12月7日

「星取県」1缶1円県に寄付 サッポロビール

 「星取県」のオリジナルデザインを施したサッポロ生ビール黒ラベル「星取県 鳥取缶」を発売したサッポロビール中四国本部の忠沢一弘本部長らが6日、鳥取県庁を訪れ、平井伸治知事に売れ行きを報告するとともに、売り上げから1缶当たり1円を県に寄付することを伝えた。

 同社によると、鳥取商工会議所青年部などの働き掛けを受けて11月に県内で数量限定発売された同ビールは好調な売れ行きを見せており、年内にも完売する見通し。忠沢本部長は「デザインも好評で、写真共有アプリを使った投稿も多数あるようだ。星取県の取り組みを応援したい」と話した。

 平井知事は「クリスマスに向かって冬の夜空にもぴったりなデザイン。鳥取とも縁の深い北海道と星のマークでつながった縁を大切にしていきたい」と語った。(真田透)