2017年12月29日

倉吉市と琴浦町両社協に寄付金 倉信ヤングコア

 倉吉信用金庫(笠見和則理事長)の若手職員で組織するヤングコア(松本城司委員長)は26日、歳末助け合い募金で寄せられた寄付金を倉吉市社会福祉協議会に寄贈した。

 募金は有志32人が同市みどり町の「希望の家」で清掃ボランティアを行った後、市内と琴浦町のスーパーなど5カ所で実施した。集まった浄財は毎年同市と琴浦町の社協に寄付している。

 同市福吉町の市社協を訪れた松本委員長は「少しでも地域貢献になればうれしい。福祉のために役立ててください」と述べ、坂本操会長に現金4万8612円を手渡した。

 琴浦町社協には1万4195円を寄贈した。