2018年2月7日

外国人への救急対応向上へ訓練 倉吉消防署

 外国人居住者や観光客らに対する救急対応の向上を図ろうと6日、倉吉消防署(遠藤文記署長)は外国人傷病者対応救急訓練会を開いた。鳥取県中部市町の国際交流員が参加して救急現場を想定した模擬訓練を行い、

会員登録すると続きをお読みいただけます。