2018年4月17日

証言つなぎ災禍の実相に迫る 鳥取大火から66年

 鳥取市街地の約3分の2を焼いた鳥取大火から17日で66年。歳月を重ね、記憶の風化が深刻さを増している。あの日、わが街で何があったのか。体験した市民2人の証言をつなぎ、災禍の実相に迫った。

会員登録すると続きをお読みいただけます。