2018年5月17日

コンセプトにも配慮を 県美整備計画案に教育委員

 民間の資金や経営手法を用いて整備・運営するPFI方式の導入が決まった鳥取県立美術館の整備基本計画案が16日、県教育委員会の5月定例会で示され、教育委員からは建物のコンセプトにも配慮して進めるよう求める声が上がった。

会員登録すると続きをお読みいただけます。