2018年6月24日

「合区」固定化を懸念 自民案で解消 保証なく

 参院選挙制度改革に関する本紙インターネット調査で、鳥取県内では年代、性別、地域を問わず「合区」への反発が根強いことが改めて浮き彫りになった。自民党が「次善の策」として国会に提案した公選法改正案への賛同は広がらず、

会員登録すると続きをお読みいただけます。