2018年7月12日

公選法改正案参院通過 舞立議員「次善の策」

 参院選の「鳥取・島根」「徳島・高知」の合区を維持したまま定数を6増する自民党の公選法改正案が参院を通過した11日、鳥取県選出の参院議員らは選挙区に擁立できない県の候補の「救済枠」を比例代表に設ける同案を「次善の策」と捉え、

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集