2019年1月12日

工事集中 業者悲鳴 県内小中校 エアコン設置

 「災害級」とされた昨年夏の記録的な猛暑を受け、鳥取県内の自治体が小中学校へのエアコン設置を急いでいる。しかし、メーカーの供給体制や人手の確保が追い付かない可能性もあり、業者から「工期に間に合わないのでは」との懸念が広がっている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。