会社案内

会社概要
購読申し込み
新聞広告
Web広告
折り込み広告
ホール利用
フォトサービス
旅行案内
我が家の宝
社員募集
関連グループ
育成支援対策



我が家の宝



 満1〜4歳の誕生日を迎えるお子さまの顔写真とメッセージを紹介するコーナーです。

 4歳の誕生日までに申し込みされた方に限ります。

 応募多数の場合や紙面の都合によっては希望日に掲載できませんので、ご了承ください。

 掲載日のお知らせはしていません。

■応募方法
 必要事項に写真を添えて郵送または持参、メール、専用フォームでお申し込みください。

 送り先などはページ下の「郵送、持参」「メール」「専用フォーム」の各ボタンを開いてご確認ください。

 鳥取版(読者のひろば面)と但馬版(但馬ローカル面)では送り先が異なりますので、ご注意ください。

 鳥取版と但馬版の重複掲載はできません。どちらか一方のみ指定してください。

■必要事項
 1.お子さまの氏名、ふりがな
 2.生年月日
 3.続柄(長男、次女など)
 4.両親の氏名
 5.住所、電話番号
 6.一言メッセージ(句読点、記号を含めて45文字以内。添削する場合があります)
 7.オリジナル版、NCN放送希望の場合は明記してください。
 8.申し込みまたはオリジナル版を受け取りされる方が両親と異なる場合は、氏名、住所、電話番号を明記してください。

■写真
 鮮明で、頭と顔の周りに余白がある写真をご用意ください。

 顔が極端なアップや小さく写っているものは掲載できません。

 携帯電話で撮影した写真や家庭用プリンタで印刷した写真は画質が落ちることがあります。

 顔が写真のフレームからはみ出していたり低画質の写真は変更をお願いすることがあります。

 写真は返却しません。


■オリジナル版
 掲載した写真とメッセージをカラーA4判のパネルに拡大します。

 料金は1部税込1,500円です。

 希望の場合は掲載申し込み時に明記してください。

 新聞掲載後、出来上がり次第連絡します。

 お近くの日本海新聞本社または支社局でお受け取りください。

 宅配(送料540円)もできます。

 受け取り場所(鳥取または倉吉、米子、但馬、宅配、そのほか)も明記してください。

 オリジナル版のみの申し込みはお受けできません。

オリジナル版見本(1人用)
※背景の色は男女で異なります。
オリジナル版見本(双子用)
※双子用希望の場合は明記してください。

■NCN放送
 新聞掲載後、日本海ケーブルネットワーク(NCN)でテレビ版「我が家の宝」を放送します。

 情報番組「NCNピットステーション」(火〜木曜日)の放送終了後に、お子さまの顔写真やメッセージを紹介します。

 希望の場合は掲載申し込み時に明記してください。

 放送のお問い合わせは日本海ケーブルネットワーク編成制作部、電話0857(21)3299へ。

 必要事項に写真を添えてお申し込みください。

 応募用紙のダウンロードもできます。
 ダウンロードはこちら

郵送先
 <鳥取版>
 〒680-8688(住所不要)
 日本海新聞「我が家の宝」係

 <但馬版>
 〒669-6701 兵庫県美方郡新温泉町芦屋145-3
 日本海新聞但馬支社「我が家の宝」係

持参場所
 お住まいに一番近い日本海新聞各本社・支社局で受け付けています。
 各本社・支社局の所在地はこちら


 必要事項を明記し、写真を添付してお送りください。

 応募内容を確認次第、返信メールを送ります。

 返信メールが届かない場合はお問い合わせください。

 メールアドレス
  <鳥取版>
   takara@nnn.co.jp

  <但馬版>
   tajima@nnn.co.jp



 パソコンからの申し込みに限ります。

 パソコンの環境によってはご利用できない場合があります。 

 専用フォームをご利用できない場合は郵送または持参、メールでお申し込みください。

申し込み画面へ進む

 鳥取版  但馬版

■問い合わせ
<鳥取版>
日本海新聞「我が家の宝」係
住所:〒680-8688鳥取市富安2丁目137
電話:0857(21)2878
メール:takara@nnn.co.jp

<但馬版>
日本海新聞但馬支社
住所:〒669-6701兵庫県美方郡新温泉町芦屋145−3
電話:0796(82)4541
メール:tajima@nnn.co.jp

※すべての個人情報は、目的以外で使用することはありません。


会社案内に戻る

     

トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 当サイトの著作権について
 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)