トップページ » 一覧

南雄也遺作展「ゆるやかな時と流れのままに」

17年9月16日(土) 〜 17年10月15日(日)

風景画や人物画など幅広い作品が並ぶ展示会場
 南雄也さん=享年(89)=の遺作展「ゆるやかな時と流れのままに」が、若桜町屋堂羅の若桜郷土文化の里たくみの館で開かれている。多彩な画風の60点が展示され、来館者を楽しませている。10月15日まで。
 南さんは大阪市出身で、太平洋戦争中の1945年に同町に疎開。若桜小の図画教員を約15年間務め、鳥取市などでも教壇に立った。
 展示作品は、若桜町にある蔵通りや加地渓谷、鳥取市内の喫茶店がある街並みや仁風閣など、なじみのある風景を捉えた作品が多く、奥行きを感じさせる構図の描き方が光る。他にも3色や多色の木版画、人物や静物など幅広いジャンルの作品、教員時代に描いたスケッチ原画などが並ぶ。
 若桜小時代の同僚だった岡崎正雄さん(86)は「カラッとした性格で子どもからも人気があった」と振り返り、「会議中でも絵を描くほど、絵が好きだったと覚えている。当時はスケッチしか見たことがなかったので、重厚な油絵などを見て新たな一面を知った」と作品に見入った。
日程は変更される場合があります。
投稿マークのついたイベントの詳しい内容は投稿者に確認してください
2017.12
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2018.01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31