日本海新聞
特集 >> 鳥取県高校野球 >> 2016春季鳥取県高校野球
2011春季鳥取県高校野球
 
−第1日−
2017年4月23日の紙面から
 「春季鳥取県高校野球大会」第1日は22日、鳥取市のコカ・コーラ野球場などで1回戦8試合を行い、鳥取湖陵が3年連続の初戦突破。八頭、米子東、鳥取育英が延長の末に競り勝った。

 開会式では境の高塚孔大主将が「昨年の鳥取中部地震で多くの人が大きな被害を受けた。高校球児ができることは全力プレー。最後まで白球にくらいつく」と宣誓した。

 開会式後には県高野連の審判員として長年、選手、後進の指導に当たってきた審判委員の馬詰俊哉、寺西正人、山田圭亮の3氏に感謝状が贈られた。

 第2日の23日は2回戦8試合が行われる。

 
鳥取湖陵エース14K
2017年4月27日の紙面から
1回戦・鳥取湖陵―米子 7回を被安打3で14三振を奪った鳥取湖陵の永谷=用瀬球場
米 子
0001000
鳥取湖陵
000215x
(七回コールド)

 鳥取湖陵が終盤に集中打を浴びせた。1点を追う五回2死から、小沢の二塁打と長田の安打で同点とし、四球や相手のミスに乗じて勝ち越した。六回にも1点を加え、七回に小沢、長田、片山、石坂、影山の5連打で5点を奪った。米子は鳥取湖陵の永谷に要所を抑えられ、14三振を喫した。四回、押し出しで1点を挙げるにとどまった。

 
鳥取西が逃げ切る
2017年4月27日の紙面から
倉吉西
000010030
鳥取西
00021200×

 鳥取西が逃げ切った。四回に五つの四球を選び、2点を先制。五回には池井、沢の安打などで1死満塁とし、再び押し出しで1点を加えた。六回には1死一、二塁から山沢の左前適時打、沢の右犠飛でリードを広げた。

 倉吉西は先発浜田が計16四球と制球に苦しんだ。4点を追う八回に先頭の西村が左前打で出ると、田中、牧田の長打攻勢などで1点差まで詰め寄った。

 
八頭サヨナラ
2017年4月27日の紙面から
倉吉北
3000000000
八 頭
1000000201x
(延長十回)

 八頭がサヨナラ勝ち。十回、先頭の谷長が中前打で出塁すると北中が送り、山形が中前へ決勝のタイムリーを放った。二回から継投した小西が相手打線を1安打に抑え、八回には左前に適時打を放った。

 倉吉北は初回、藤田の右翼線二塁打などで3点を先制。九回2死三塁で、あと1本が出なかった。

 
鳥取東 打線爆発
2017年4月27日の紙面から
1回戦・境港総合―鳥取東 鳥取東は初回2死二塁から越川が右越えの適時二塁打を放ち、先制=コカ・コーラ野球場
境港総合
0000000
鳥取東
101700×
(七回コールド)

 鳥取東は打線がつながった。初回2死二塁から、越川の右越え二塁打で先制した。三回には山本の犠飛で追加点。四回には河上、木下の連続適時打など打者10人の猛攻で7点を奪った。先発向井は七回まで凡打の山を築き、無四死球で零封した。

 境港総合は散発4安打と打線が沈黙し、反撃の糸口をつかめなかった。

 
米子北 着実加点
2017年4月27日の紙面から
岩 美
0000000
米子北
220210×
(七回コールド)

 米子北が8安打で7点を挙げた。一回2死二塁から、加久の左中間を破る適時二塁打で先制すると、四回には1死から亀野、安藤、池田尚の長短打で2点を奪った。

 岩美は4点を追う三回、連続四球で一、二塁としたが、好機を生かせず、七回にも1死から下田が左翼線への二塁打を放ったが、後が続かなかった。

 
投手戦は鳥取育英
2017年4月27日の紙面から
1回戦・倉吉総産―鳥取育英 鳥取育英は延長十一回、1死満塁から岩田の内野安打で三走・福井(左)がサヨナラのホームを踏む=岩美町民野球場
倉吉総産
00001000000
鳥取育英
00000100001x
(延長十一回)

 鳥取育英が投手戦を制した。エース福井は緩急を付け、1失点で完投。打線は六回2死二塁から、植波の適時三塁打で同点。延長十一回、1死満塁から岩田の内野安打で勝負を決めた。

 倉吉総産は先発の山崎が11奪三振の力投。五回2死二塁から、森の左前打と敵失で先制したが、その後は打線がつながらなかった。

 
鳥取商が先発全員の19安打
2017年4月27日の紙面から
鳥取商
1233021
12
鳥取工
0001200
(七回コールド)

 鳥取商が先発全員の19安打でそつなく得点を重ねた。初回2死1塁から、田中翔の右翼線への適時二塁打で先制すると、四回にはライナーで右翼席に飛び込む2点本塁打も放った。新が計3犠打でつなぎ、小畑がしぶとく野手の間を抜いて3安打、2盗塁、小山も4安打だった。

 鳥取工は五回、下田、植田の連続三塁打などで2点を返した。

 
米子東 打ち勝つ
2017年4月27日の紙面から
米子工
00100109000
11
米子東
21030100402x
13
(延長十一回)

 米子東が打ち勝った。九回2四死球と宮本、瀬尻の連打などで4点差を追い付き、十一回無死一塁から妹尾が右翼ポール際に2点本塁打を放ってサヨナラ勝ちした。

 米子工は計23安打。八回、浦田、板野の長打など打者13人の猛攻で逆転した。小刻みに継投したが、逃げ切れなかった。








NEWSmartでは全試合イニング速報を掲載します
4月30日の試合
3決 倉吉東 12-7 鳥取西 試合終了
決勝 鳥城北 8-2 米子東 試合終了
4月29日の試合
準決勝 鳥城北 8-1 倉吉東 7回
コールド
準決勝 鳥取西 7-11 米子東 試合終了
4月24日の試合
準々決勝 鳥城北 12-0 鳥湖陵 5回
コールド
準々決勝 倉吉東 4-3 米子北 試合終了
準々決勝 鳥取商 12-13 鳥取西 延長10回
準々決勝 米子西 2-6 米子東 試合終了


トップページ 主要・地域ニュースコラム・論説釣り情報イベント案内購読申し込み

 当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)