• オーガニックアロマの香りで身も心もリラックス。サーフィンやサップを楽しむ、元気印なオーナーの笑顔に元気をもらえるプライベートサロン
  •  
  •  
  •  
  •  
  • オーガニックアロマの香りで身も心もリラックス。サーフィンやサップを楽しむ、元気印なオーナーの笑顔に元気をもらえるプライベートサロン
  •  
  •  
  •  
  •  

 

「アロマビューティー セラピシア」が

移転オープンしました。(2023年11月1日)

 

住宅街の中に、青い外壁にグリーンの扉が目印。

 

扉をあけると、うーん、いい香り!

 

こちらのサロンでは、合成香料で慣らされた

現代人に自然の香りを感じて欲しいと

 

フランスで厳格な基準をクリアした

ヴィアローム社のアロマエッセンスやオイルを使用。

 

 

アロマって、すごいと思ったきっかけ

 

オーナーの難波さんは

サーフィンで身体が疲れているとき

 

ふと海外の雑誌をみていたら

アロマの記事を見つけました。

 

そこで、アロマトリートメントを受けに行き

疲れが抜ける感覚を経験。

 

これはすごいと思い、アロマを学び始め、

アロマセラピストとして働き始めたそう。

 

まだ、リラクゼーションは

一般的ではなかった頃の事です。

 

サーフィンやサップなど

アウトドアスポーツを活発に楽しむ

難波さんだからこそ

より、疲れの回復に効果を感じたのでしょう。

 

 

難波さんに疲れない秘訣を聞いてみました

 

「メンテナンスはまず、疲れを取ることから。

そして、”脳疲れ”をとるのも大事。

 

アロマは、香りは脳にダイレクトに働くと言われているでしょ。

しかも、植物の自然のパワーを使うのね。

外に行けない時もアロマで自然に触れられるしね。

 

だから、身体とダブルで疲れが取れていく。

薬の前に、アロマを試す。

 

ちょっと疲れたな、という時に、予防としてもおすすめ。」

 

もうだめだ、と心も折れるほど疲れる前に

アロマトリートメントを受けた方がいいわけですね。

 

忙しくしていると、何もしないひととき、というのが

案外ありませんよね。

 

 

こちらは完全予約制なので、誰に合う事もなく

お一人お一人の状態に

寄り添ってカウンセリングしてもらえます。

 

好きな香りで、その時の状態がわかるので

気づいてない疲れも嗅覚が教えてくれるんですって。

 

気持ちが、ふわふわしてたら

根を使っているジンジャーを選んだり

人疲れをしていたら、柑橘類をおすすめします。

 

毎月、自分へのごほうびとして

トリートメントを受けて、また頑張るという方。

 

行くと、機嫌がいいからと、

ご主人が施術をプレゼントして、受けに来る方。

 

ほとんどの方が、元気をもらいに

来ていると言うそうです。

 

 

セラピシアでは、非日常を味わってほしいと

ウエルカムドリンクでおもてなしし

施術後はハーブティーでリラックスしてもらいます。

 

より、深くリラックスしたいと思うなら

施術時間に30分~程度、余裕をもって行くといいですよ。

 

 

気になるメニューはお悩み別に選べます

 

 

肌の衰えのお悩みはアンチエイジングフェイシャル。

 

ヒト幹細胞美容成分入りのものを使い

機械も使ってエイジングケアが受けられます。

 

元々持っているたんぱく質で

足りないものを活性化させる進化型アンチエイジング。

 

超気になりますー!!

 

美容目的で、むくみや保湿をしたいなら

リラックスアロマフェイシャル。

 

なんと、背中からのアプローチで顔のむくみをとる施術。

しっかり、原因から疲れが取れそうです。

 

 

身体の疲れはボディトリートメント。

全身とヘッドセラピーまでついているメニューもあります。

 

 

 

服を脱がなくて良い、ドライヘッドスパ。

頭専用エッセンシャルオイルで

ベタつかないので、気軽に受けられます。

 

熟睡に必須の脳デトックスで

爽快感はかなりのもの。

 

赤ちゃんのお世話に疲れているなら、産後トリートメント。

 

本気寝ができない産後に

ゆっくりしてほしいと特別価格で提供しています。

また、お子さんを連れでいけるので、ありがたいですね。

 

それから、その時に必要な

アロマエッセンスなどを購入する事も出来ます。

帰ってからのメンテナンスに、選んで帰りたい。

 

がんばっている女性へ、ぜひ来てほしいと難波さん。

 

「流れにのって逆らわないこと、荒波を超えたらいい波で帰ってくる。

サーフィンと一緒ですね。

人生、元気でいないと!」

 

そう言って、にっこり笑顔が印象的でした。