牧尚人の弁護士対談

第9回(上) 刑事弁護の原点

2020年1月8日

みんなが正義だと思い、その人をたたいていることに、私は反発する

牧法律会計事務所 代表×弁護士
牧 尚人

法律事務所エクラうめだ 弁護士
亀石 倫子

 基本的人権を擁護し、社会正義を実現する―。牧尚人氏(44)=牧法律会計事務所=が、弁護士の使命を全うするため活動を続ける面々と語り合う「弁護士対談」。今回は、無罪判決を勝ち取るなど注目度の高い亀石倫子氏(45)=法律事務所エクラうめだ=を迎えた。刑事弁護の原点について、亀石氏は「みんなが正義だと思ってその人をたたいていることに、私は反発する」と力説した。

 牧 OLだった亀石さんがその後、司法試験に挑戦し、法曹三者の中でも弁護士を選んだ理由を聞かせてください。

 亀石 会社という組織で働くのは向いていませんでした。退社後、入学した大阪市立大法科大学院(ロースクール)で、和歌山カレー事件の弁護人と出会い、刑事弁護に興味を持ちました。検察官、裁判官は組織の人であり、弁護士以外の道は考えていなかった。2009年、大阪弁護士会に弁護士登録し、入所した大阪パブリック法律事務所の中心は刑事事件でした。16年に独立し、開設した法律事務所エクラうめだでは離婚などを扱う家事事件が中心です。

 牧 弁護士としてやりたいことと収入を得なければいけないことのバランスをどう考えていますか。私の恩師である関西学院大法科大学院(ロースクール)教授の池田直樹弁護士は、事務所経営(収入確保)のための仕事は全体の3分の1、残る3分の2はロースクールでの後進の育成とライフワークである環境問題に充てているそうです。

 亀石 大阪パブリックの頃も、仕事の1〜2割は家事事件を担当していました。当時は、家事事件はお金のためという認識がいくらかあったと思います。でも、今は、まるっきり違う。家事事件にやりがいを見いだしています。大阪は弁護士が多く、競争が激しいため、独立時は不安だったけど、覚悟もしていました。エクラうめだの部屋を、女性の依頼者を想定した雰囲気にしたのも覚悟の表れです。家事事件を通して経営が安定すれば、ライフワークの刑事事件にも取り組める。きれい事に映るかもしれないけど、そんな感じです。

 牧 亀石さんは刑事弁護人として無罪判決を勝ち取る姿が印象的です。

 亀石 大阪市北区のクラブ「NOON」が風営法違反で摘発され、経営者が起訴された事件は、一審の無罪が16年に最高裁で確定しました。タトゥー彫師が医師法違反に問われた事件は、二審で逆転無罪となり、最高裁で係争中です。私が関わった無罪事件はこれくらいです。いずれも、弁護団のチームで取り組む姿がメディアに紹介されましたが、私はこの他にも「クレプトマニア」と呼ばれる窃盗依存症の回復などに取り組んできました。

 牧 クラブ風営法違反事件では、法廷で英国ロックバンド「オアシス」の曲を流したそうですね。

 亀石 クラブのイベントで客が踊っていたダンスが、性秩序を乱すいかがわしいダンスか否かを立証するため、現場で当時流れていた音楽を裁判官に聞いてもらおうと「オアシス」をかけました。そのリズムを聞けば、どこが秩序を乱す音楽やねんとなる。この立証もあって無罪を勝ち取ることができました。

 牧 発想がすごいと思います。ところで、刑事弁護人は、被告人のために熱い気持ちを抱くことが必要ですか。以前対談した後藤貞人弁護士は「弁護士としてやるべきことをすればいい」、高山巌弁護士も「弁護人としての仕事を全うすることが大切」とそれぞれ語っていました。

 亀石 熱い気持ちを抱くと、しんどくなります。面会室でアクリル板の向こう側の人たちの中には、弁護人にウソをつく人もいます。そのことにいちいち失望しているようだと、刑事弁護はできません。共感、同情ではなく、責任感、使命感を持って弁護しなければいけない。私の気持ちが燃えるのは、みんながその人をたたきまくるときです。人権がないがしろにされそうな人たちを、私が弁護しなきゃと思います。

 牧 高山弁護士は、作家村上春樹さんのスピーチ「壁と卵」に共感すると言っていました。スピーチの内容は「ここに高くそびえる壁と、壁にぶつかると壊れてしまう卵があるとすると、私はいつでも卵の側に立つ。たとえどんなに壁が正しくて、卵が間違っているとしても。私は常に、卵に寄り添います」。亀石さんの考えに通じるものがあります。

 亀石 私も共感します。「壁」は権力とは限らず、正義を振りかざす世論だったりもします。

牧尚人(まき なおと)プロフィル
敷居の高い弁護士の印象を払拭するため、2回目の相談までは無料で受け付けている。加えてスピーディな対応もウリ。依頼者の負担を軽くするため、手を煩わせることは最小限に、ムダな費用も省くよう心掛けている。

牧法律会計事務所(淀屋橋駅徒歩1分)
大阪市中央区北浜3-5-19 淀屋橋ホワイトビル708号
TEL.06-4708-5056    http://maki-lawfirm.com/


サイト内検索