2020年1月16日

鳥取茸王 暖冬で厚み不足 初売り、規模小さく

 日本きのこセンター(鳥取市)が開発した品種「菌興115」を使った鳥取県産原木シイタケのトップブランド「鳥取茸王(たけおう)」の初売りが15日、鳥取市内で始まった。かさが大きく肉厚なのが特長だが、今年は暖冬の影響で生育が早まり、茸王クラスにまで育たない状況。

会員登録すると続きをお読みいただけます。