2020年10月1日

令和と万葉と山陰 山陰はすごい!(10)

人生詩人としての伯耆守・山上憶良

 伯耆国の国守であった山上憶良(やまのうえのおくら)については既に本欄で触れられているが、彼は万葉集の歌人の中では珍しく、人生、社会、農民、子どもなどを歌のテーマに選んで詠(うた)っている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。