2020年10月17日

信号機が見えない 真ん前にポール、特段の配慮なく

 JR鳥取駅から鳥取県庁へ続く中心市街地の目抜き通りの国道53号の電線類地中化工事に伴い、歩行者用信号機を隠してしまう位置に電柱が設置された。市民からは「安全を軽視して工事を進めている」と疑問の声が上がっているが、信号機の移設で工事に関わる鳥取県警は「見える所から渡ってもらいたい」と素っ気ない。

会員登録すると続きをお読みいただけます。