2021年11月26日

活動意図 徐々に浸透 原発住民投票署名集め1週間

 中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町)の再稼働の賛否を問う住民投票を実現させるための条例制定に向けた署名活動が原発30キロ圏の米子、境港両市で始まり、25日で1週間となった。実施団体の関係者は「活動の意図は市民に徐々に伝わっている」と手応えを感じる一方で、人手不足に頭を悩ませている。

会員登録すると続きをお読みいただけます。