2021年11月30日

「のび太」の声で読み聞かせ 声優大原さんが紙芝居

 人気声優による「紙芝居キャラバン」が29日、鳥取市の湖山西小と若葉台小、義務教育学校の江山学園で行われた。人気アニメ「ドラえもん」の「のび太」役で知られる声優の大原めぐみさん(46)が、臨場感たっぷりの演技で紙芝居を読み聞かせ、児童たちを作品の世界へ引き込んだ。

 同キャラバンは山陰合同銀行が事務局を務める「小さな親切」運動山陰本部が2005年から取り組み、11~12月に鳥取、島根両県の12の学校で実施。昨年はコロナ禍で中止となり2年ぶりの開催となった。

 このうち湖山西小(同市湖山町西1丁目)では1、2年生85人に「あひるのおうさま」「イナバのしろうさぎ」「やさしいこころ」の3作品を披露。さまざまな役を自在に演じ分ける大原さんの声に、児童らは夢中で聴き入っていた。

 同小1年の高橋緩羽さん(7)は大原さんの演技に「いろんな声が出せてすごい」と感心していた。(井田慎一)