2021年12月2日

毛利・尼子の戦い新史料発見 因幡の防衛重視裏付け

 戦国時代の1573(天正元)年に、因幡国(鳥取県東部)を巡って毛利氏と尼子氏が争った戦いに関する新史料が見つかった。毛利方の山陰方面の大将を務め、出雲国(島根県東部)を拠点としていた吉川元春の書状。

会員登録すると続きをお読みいただけます。