トップページ » 一覧

夏季特別展「JAPAN 日本画でみる和の心」

20年6月10日(水) 〜 20年8月30日(日)

富士の画家・横山大観の大作「神州第一峰」
 「JAPAN 日本画でみる和の心」をテーマにした夏季特別展が足立美術館(安来市古川町)で開かれ、日本ならではの景色や文化が描かれた近代日本画の名品32点を紹介している。8月30日まで。
 日本を象徴する富士山、桜・菊をはじめとする四季の花々、着物姿の女性、甲冑(かっちゅう)姿の武士、能・歌舞伎などを題材にした作品を通し、和の心や繊細な日本の美の世界にふれてもらう企画。
 横山大観の「神州第一峰」は雲海の上に姿を見せる富士、黄金に輝く空を背景に昇る深紅の太陽を描いた六曲一双の大作。展示室の中央に飾られている。他にも白い胡粉(ごふん)を重ねて描いた菊の花が特徴的な榊原紫峰の「秋草」、梅花の下で横たわる遊女を淡い色調で表現した北野恒富の「梅下美人」など、計21人の画家の作品が並んでいる。
 担当した織奥かおり主任学芸員は「日本画を初めて見る方にも楽しんでいただけるよう鑑賞ポイントも掲示している。日本の美を改めて感じてもらいたい」と話している。
日程は変更される場合があります。
投稿マークのついたイベントの詳しい内容は投稿者に確認してください
2020.08
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2020.09
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30