新型コロナウイルス

  •  新館を宿泊療養施設に 倉吉シティホテルが提供 会員限定記事

    2021年05月12日

     新型コロナウイルスの変異株が拡大し、家庭内感染が広まる中、倉吉シティホテル(倉吉市山根)が新館を無症状病原体保有者や軽症者の宿泊療養施設として提供することが11日、分かった。

    »全文を読む
  •  「想像以上に医療逼迫」 大阪に派遣の鳥大病院看護師 会員限定記事

    2021年05月11日

     新型コロナウイルス感染症拡大による医療逼迫(ひっぱく)のため、国からの要請で大阪府に派遣された鳥取大医学部付属病院(米子市西町)の池嶋一也看護師(32)が10日、同病院で現地の状況を報告した。

    »全文を読む
  •  "密にならない"ゴルフが人気 コロナ禍でも安心感 会員限定記事

    2021年05月10日

     新型コロナウイルスの感染拡大が続き行楽地などの人出が減る中、鳥取県内のゴルフ場は週末を中心ににぎわいを見せている。密になりにくいことに加え、鳥取、島根両県の観光支援策「We Love(ウィー・ラブ)山陰キャンペーン」が追い風となっている。

    »全文を読む
  •  鳥取県内感染400人超 1カ月弱で100人増 会員限定記事

    2021年05月10日

     鳥取県と鳥取市は9日、新たに7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は395~401例目となった。感染者数増加の推移(発表日ベース)は200人台(2月1日)から300人台(4月10日)までが2カ月強だったのに対し、300人台から400人台(5月9日)は1カ月を切っており、感染拡大のペースが上がっている。

    »全文を読む
  •  鳥取の標 平井県政4期目折り返し(1) 会員限定記事

    2021年05月08日

     新型コロナウイルスの累計感染者数が島根県に次いで全国で2番目に少ない鳥取県。流行初期段階から早期検査、早期入院、早期治療という「鳥取方式」を徹底し、基幹病院と連動した対応病床の確保など命を守る対策を愚直に積み重ねてきた。平井伸治知事のトップダウンによるスピード対応が奏功する半面、限られた人的資源で自転車操業を続けてきた現場には疲労感も広がる。

    »全文を読む
  •  ワクチン予約 電話殺到 「供給十分、焦らないで」 会員限定記事

    2021年05月08日

     鳥取市は、65歳以上の市民を対象にした新型コロナウイルスワクチンの接種予約の受け付けを開始した。予約を受け付ける市のコールセンターでは電話が殺到し「つながりにくい」との苦情も出ている。

    »全文を読む
  •  鳥取県内新たに7人感染 新型コロナウイルス 会員限定記事

    2021年05月08日

     鳥取県と鳥取市は7日、鳥取市保健所管内と米子保健所管内で新たに7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での陽性確認は384~390例目となった。

    »全文を読む
  •  17日ぶりに大栄庁舎再開 集団接種遅れ23日から 会員限定記事

    2021年05月01日

     職員6人が新型コロナウイルスに感染し、鳥取県内9例目のクラスター(感染者集団)に認定されたことで14日から閉鎖していた北栄町役場大栄庁舎(同町由良宿)が30日、感染防止策を徹底した上で再開された。来庁を規制されていた町民らが、17日ぶりに役場窓口などを訪れた。

    »全文を読む
  •  高齢者ワクチン  県に24万5700回分追加供給 会員限定記事

    2021年05月01日

     政府は30日に各都道府県に示した高齢者向け新型コロナウイルスクチンの「基本配分計画」で、鳥取県内の市町村には6月最終週までに計36万6210回分を供給すると通知した。県内の高齢者約17万7千人が2回接種するための必要量が確保される見通し。配分計画が示されたことで、県内でも市町村の高齢者接種が本格化する。

    »全文を読む
  •  コロナ対応「鳥取方式」最高点 全都道府県評価 会員限定記事

    2021年04月30日

     慶応義塾大商学部の浜岡豊教授は29日までに、新型コロナウイルス感染症への各都道府県の対応状況を10の指標で評価した結果、鳥取県が最も総合評価点が高かったと発表した。

    »全文を読む