新型コロナウイルス

  •  鳥取県病院協会の会員38病院 コロナ影響で赤字に 会員限定記事

    2020年08月13日

     鳥取県病院協会(会長・櫃田豊博愛病院長)の会員38病院への調査で、3~5月期の医業利益が前年同期と比べて約8億円減少し、4億1千万円の黒字(3カ月合計)から3億9千万円の赤字(同)に急落したことが12日、分かった。新型コロナウイルス感染症の影響で外来・入院患者が激減しており、櫃田会長らは同日、平井伸治知事と面会し、財政支援制度の早期創設などを国に求めるよう緊急要望した。

    »全文を読む
  •  学校関連100人に 立正大淞南高クラスター 会員限定記事

    2020年08月13日

     松江市は11日深夜、サッカー部の寮で新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生した立正大淞南高(同市大庭町)で、新たに男子生徒4人が感染したと発表した。同校関連の感染者は計100人となり、島根県内の累計は130人となった。

    »全文を読む
  •  月内の県外遠征中止を 県立学校部活動で通知 会員限定記事

    2020年08月13日

     松江市の立正大淞南高のサッカー部などで新型コロナウイルスの集団感染が発生したことを受け、鳥取県教委は12日、県立学校の部活動に関し、県外での大会参加や対外試合、合宿などの実施は31日まで中止するよう各校に通知した。県外の学校を招致しての活動も中止する。

    »全文を読む
  •  新たに3人、計96人に 立正大淞南高クラスター 会員限定記事

    2020年08月12日

     松江市は10日深夜、サッカー部の寮で新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が発生した立正大淞南高(同市大庭町)で、新たに男子生徒2人と感染した別の生徒の同居者の計3人が感染したと発表した。

    »全文を読む
  •  半数超が非公表 なぜ? 鳥取市内感染者立ち寄り先 会員限定記事

    2020年08月12日

     鳥取市保健所管内で確認された新型コロナウイルス感染者の立ち寄り先のうち、公表されたのは半数以下にとどまっている。市民からは「なぜ公表しないのか」といった疑問の声も上がる。

    »全文を読む
  •  条例制定9割賛同 コロナクラスター対策アンケート 会員限定記事

    2020年08月12日

     鳥取県が8月に臨時議会での提案を目指す「新型コロナウイルス感染拡大防止・クラスター対策条例」について、県政参画電子アンケートで、条例制定を容認する回答が89・4%を占めたことが11日までに分かった。

    »全文を読む
  •  今年の鳥取砂丘イリュージョンは中止

    2020年08月12日

     鳥取砂丘イリュージョン実行委員会は11日、鳥取市の鳥取砂丘周辺で12月に予定していた今年の鳥取砂丘イリュージョンを中止すると発表した。新型コロナウイルスの収束が見通せず、来場者や関係者の安全確保が困難と判断した。

    »全文を読む
  •  コロナ対策巡回指導 接待伴う飲食店376店 会員限定記事

    2020年08月12日

     鳥取県内で新型コロナウイルス感染が続く中、鳥取市保健所は11日、管内の接待を伴う飲食店376店舗を巡回し、感染予防策を啓発する実地指導を始めた。

    »全文を読む
  •  鳥取県内の学生寮 クラスター対策は 会員限定記事

    2020年08月12日

     松江市の立正大淞南高サッカー部を中心に発生した新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)で、集団生活を送る学生寮での感染拡大防止が課題となっている。

    »全文を読む
  •  鬼太郎カップ境港駅伝が中止 代替イベントを検討

    2020年08月12日

     境港市営竜ケ山陸上競技場を発着点とする第20回鬼太郎カップ境港駅伝競走大会(鳥取陸上競技協会、境港市、新日本海新聞社主催)の実行委員会が11日、米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社で開かれ、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から大会の中止を決めた。今後は代替イベントの開催に向けて協議を進める。

    »全文を読む