大阪24区予算拝見

 大阪市24区の各区が予算を通して取り組む独自の事業を随時紹介していく。

生野区 移動式防犯カメラ導入

2016年5月13日

犯罪状況に即時対応

安心に暮らすことができるように移動式防犯カメラを設置する生野区の街並み

 安心安全なまちづくりを目指して本年度、移動式防犯カメラを導入する。区内での犯罪の発生状況に合わせてカメラを移動する方針で、本年度予算にカメラ導入経費90万円を計上した。

 他区と比べて車上狙いが多いことなどから、同じポイントで撮影する固定型の防犯カメラと並行して、移動式を導入することで犯人の逮捕につなげるのが狙い。

 運用方法は、区がカメラを購入し、所轄の警察署に貸与する仕組み。犯罪が起こりやすい場所や、頻発するポイントを警察が選定し、臨機応変に設置場所を変えて対応する。

 現在は、区と警察で購入するカメラの機種や具体的な運用方法を調整中。カメラは3台で、移動できるように太陽光発電ができるものを選ぶ予定にしている。

 区の担当者は「(この事業は)安心なまちづくりの一環。移動式カメラの導入によって犯人の逮捕、ひいては犯罪の抑止につながれば」と話している。