密着!OSAKA24区

2017年区長の抱負 【西成区】

横関 稔区長
2017年2月3日

子育ち環境充実目指す

横関 稔区長

 「子育ち環境の充実」が運営方針。横関稔区長は「子どもたちの自主性を重んじ、『子育て』ではなく『子育ち』にした」と話し、実際の施策にも色濃く反映されている。

 来年度は学校にこども生活・まなびサポーターを配置し、児童生徒に寄り添った支援で、健全な学校生活を送ることができるようにする方針。

 区内2カ所ある「こども食堂」の支援もテーマだ。子ども同士や地域の大人との食を通じただんらんの中で、子どもたちが社会性や自主性を身に付けることができるとして、区内全域に活動を広げられるようサポートしていく考え。

 本年度に力を入れてきた事業の一つ「にしなりジャガピーパーク」も「遊び場」「学び場」「たまり場」として、子どもたちが自由に過ごす居場所を提供している。現在はトライアル実施だが、来年度も継続する方針を固めている。

 横関区長は「子育て世代を中心に人を呼び込み、子どもたちの笑顔があふれ、誰もが住んで良かったまち」を目指す。