きらめきびと

ハイクオリティーの紅茶と美容

「IANN QCC」代表
山中 依子さん
2016年12月14日

 「最高級のクオリティーを味わってほしい」。世界有数の紅茶メーカー「ムレスナ」の茶葉だけを使ったティーサロンを来年1月初旬、西区南堀江1丁目にオープンする。メーキャップアーティストとしてのキャリアを生かした美容サロンも併設し、「自身の限界を超える美しさを引き出したい」と目を輝かせる。

 茶道の師範だった母親の影響で茶葉への関心が強く、約20年前にムレスナに出合ってそのおいしさに衝撃を受けて以来、愛飲していた。待望の美容サロンの開設にあたり、同時に「ムレスナのおいしさをもっと多くの人に知ってほしい」と兵庫県西宮市の本店で修業。ムレスナティーの入れ方、2種に限定したフードなどを学んだ。

 ムレスナの茶葉は新芽の先端が残ったスリランカ・ヌワラエリア産のF.B.O.P.(フラワリー・ブロークン・オレンジ・ペコ)の若葉を主体とし、柔らかな味わいが特徴だ。「30人分の茶葉で入れるからとても濃厚。でも全く苦みもえぐみもない。お好みのフレーバーを見つけてもらえたら」と1杯(1080円〜)の注文で、さまざまなフレーバーの紅茶を次々といれる。

 4歳の女の子と1歳の男の子の母目線で設計したキッズスペースは秘密基地のよう。砂糖や小麦粉、食器を洗う水にまでこだわり、子連れでも安心してゆっくりと楽しめるティータイムを提供する。

 美容サロンではメークレッスンや骨格診断、カラー診断などのメニューを用意。「メークは年齢やトレンドによっても変わっていくから、年に何度か来てもらえるように」と価格を抑えて設定する。「メークは人生を変えるためのツール。女性の美を徹底的にサポートしていきたい」と快活な笑顔を見せる。

 阿倍野区出身、46歳。