トレンド特急便

甲子園コラボ弁当発売 人気野球漫画と競演

2018年8月8日
ナポリタンをメインにした「ミックスグリル弁当」(C)あだち充/小学館 ゲッサン
「MIX」「MAJOR2」のコラボ弁当(C)あだち充/小学館 ゲッサン(C)満田拓也・小学館/NHK・NEP・ShoPro

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で熱戦が続く「第100回全国高校野球選手権記念大会」。大会期間中、週刊少年誌で連載中の人気野球漫画とのコラボ弁当を販売している。作品は、「タッチ」に登場する明青学園が舞台の「MIX」、テレビアニメも放送中の「MAJOR 2nd(メジャーセカンド)」、「ダイヤのA(エース)」。全国の高校野球ファンに愛される名作との“競演”で、記念大会の盛り上げに一役買っている。

 「MIX」は2016年から、あだち充氏が「ゲッサン」(小学館)で連載中で、あだち氏の人気野球漫画「タッチ」と同様に明青学園が舞台となっている。「タッチ」から約30年後、作中で描かれなかった甲子園決勝の様子や、懐かしのキャラクターが登場するなど話題を呼んでいる。

 「MIX」とのコラボ「ミックスグリル弁当」は、「タッチ」に登場する喫茶店「南風」の看板メニューであるナポリタンをメインに、「MIX」のロゴ入りの卵焼きがポイント。

 「MAJOR2」は、15年から満田拓也氏が「週刊少年サンデー」(小学館)で連載中の漫画で、1994年から2010年まで同誌で連載していた「MAJOR」の続編。前作の主人公・茂野吾郎の息子、大吾が主人公で活躍する。

 「MAJOR2」とのコラボ「親子丼弁当」は、主人公の茂野吾郎・大吾親子を表現した親子丼がメインで、バットとボールを模したエビフライと鶏団子も盛り込んだ。

 「ダイヤのA」とのコラボ「青道高校ユニフォーム弁当」は、舞台となっている青道高校のユニホームを再現した弁当箱がポイント。七色の変化球を操る主人公、沢村栄純にちなんで7種のおかずを詰め込んだ。

 「ミックスグリル弁当」「親子丼弁当」「青道高校ユニフォーム弁当」ともに1100円(すべて税込み)。