2017年12月8日

「住み続けたい」6割 まちなか生活実態調査

 鳥取県は、県内の中心市街地やかつて新興住宅地として開発された郊外の住民を対象とする「まちなか生活実態調査」の結果を公表した。現在のまま住み続けたいとする意向は6割を超えたものの、前回調査より5ポイント以上低下した。

会員登録すると続きをお読みいただけます。