2018年3月16日

がん細胞のみ破壊ウイルス 鳥大、実用化へ契約

 鳥取大は15日、大学院医学系研究科の中村貴史准教授と製薬大手のアステラス製薬(東京都)が共同研究を進めてきたがんのウイルス療法で、がん細胞のみを破壊する「免疫賦活遺伝子搭載腫瘍溶解性ウイルス」を開発し、

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集