2019年1月12日

中国初の内視鏡心臓治療 高齢者に負担少なく

 鳥取大医学部付属病院(米子市西町)は11日、中国地方初の「内視鏡バルーンアブレーション(焼灼(しょうしゃく))治療」と鳥取、島根両県で初の「経皮的僧帽弁接合不全修復術(マイトラクリップ)」を行ったと発表した。いずれも高齢者に多い心臓疾患に対応する負担の少ない治療。

会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連特集